【初めての転職】自己分析は何からしたらいい?【簡単な質問から始める】

【初めての転職】自己分析は何からしたらいい?【簡単な質問から始める】

【初めての転職】自己分析は何からしたらいい?【簡単な質問から始める】

転職で企業が知りたいのは、あなたの経験やスキル、できることなので、自己分析で深く自分を知ることができれば転職の成功率は上がります。

でも、自己分析は難しそうなイメージもあるので、「何から始めたらいいの?」と悩んでしまう人もいますよね?

強みやスキルを見つけることが大事とはわかっていても、作業が難しすぎたり、作業量が多いとやる前から嫌になってしまいます。

そこで今回は、公務員と民間企業の両方を経験した筆者が、転職の自己分析は何からやるべきかについてご紹介します。

自己分析は自分の本質を理解する作業であると同時に、働き方や仕事で大切にしたいものを見直す作業でもあるので、ぜひ取り組んでみてくださいね。

最初は簡単な質問から始める

最初の自己分析は、簡単に答えられそうな質問から始めるのがいいでしょう。

自己分析において重要となるのは、経験の棚卸しや強みの整理ですが、ここは自己分析でも最も難しいポイントといえます。

そのため、初っ端から「よし!自分史を作ろう」と始めてしまうと、途中で挫折する可能性があります。

いきなり自己分析の核心に迫ろうとせず、最初は

「転職したい理由は何だろう?」

「今の会社を辞めて失うものは何か?」

など、簡単な質問を自分に投げかけるところから始めてみるのがいいでしょう。

パズルで例えるなら、最もわかりやすい角を最初に設置して全体像を作り出し、徐々に他のピースを置いて図を完成させていくイメージです。

自己分析でも、最初は「なぜ、転職したいのか」など簡単な質問を投げかけるところから始めて、徐々に核心である強みの発見に移行していく方法をおすすめします。

【簡単】初めての転職で自己分析は何から始める?【5ステップ】

ここでは自己分析の入門として、最初にやるべき具体的作業についてご紹介します。

全部で5つの手順にまとめたので、順番にやってみてくださいね。

(1)本当に転職が必要なのか考える

(2)転職で求める条件を書き出す

(3)印象に残っている職務経験を3つ書く

(4)(3)で書いた内容を見て、強みやスキルを考える

(5)業界や職種について軽く調べてみる

(1)本当に転職が必要なのか考える

これは重要です。

転職後に後悔しても、今の会社に「やっぱり戻ってきちゃいました!」とそう都合良くは戻れないので、本当に転職が必要なのかどうかについて、今一度考えてみましょう。

転職すれば新しく得るものもありますが、失うものもあります。

収入や人間関係、日々の時間の使い方など、今の会社からどんな恩恵を受けているか客観的に振り返ってみましょう。

(2)転職で求める条件を書き出す

「転職したいな」と思ったら、自分が転職で求めるものを書き出してみましょう。

ポイントは、素直な気持ちで、自由に本音を書くことです。

もちろん、すべてが実現するわけではありませんが、少なくとも希望に近い会社は見つかる可能性があります。

「こんなの無理だよね」という気持ちは置いておいて、とりあえず書いてみましょう。

例えば、以下のようなことです。

・収入を100万円にしたい
・これまでの経験を活かしたい
・自分の才能を活かして仕事したい
・休日は家族と過ごしたい
・毎日、定時で帰りたい
・尊敬できる上司と働きたい
・副業や兼業ができる会社
・お土産に気を遣わなくていい人間関係

一通り、転職で求めている条件を書き出した後は、そのリストを見ながら優先順位を決めます。

求めるものがすぐに思い浮かばない人は、「無理な営業はしたくない」「毎日決まった作業は退屈」など、<絶対にやりたくないこと>からリスト化してみるのもおすすめです。

(3)印象に残っている職務経験を3つ書く

キャリアや仕事経験の棚卸しについても、少しやってみましょう。

ノートなどに、これまで経験した仕事や担当業務の中で、特に印象に残っているものを3つだけ書いてみてください。

ここで3つに限定している理由は、棚卸しへの抵抗を少なくするためなので、「もっと書ける」という人は3つ以上書いても構いません。

例えば、以下のような経験です。

「経理事務を3年した」

「営業で法人開拓をした」

「企画開発のリーダーを担当した」

「後輩の教育係を経験した」

職務経験を書くときは、そのときに自分がやった行動や工夫、感情もプラスして書くことで、強みやスキルを見つけやすくなります。

成功体験だけでなく、苦労した経験や失敗経験についても書いてみると、さまざまな角度から強みと弱みを認識できるはずです。

キャリアの棚卸しで強みを見つける方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい >> これ一枚だけ!強みが見つかる職務経験シートの書き方【4つの手順】

(4)(3)で書いた内容を見て、強みやスキルを考えてみる

次に(3)で記入した業務経験や仕事を見て、自分の強みやスキルについて分析してみましょう。

自分の強みは言語化できて始めて、他人に伝わります。

最初は難しいかもしれませんが、これまで担当した業務やエピソードを客観的に見ながら、「自分はどんなスキルを持っているのか」「どんなことができるのか」を言葉にしてみましょう。

強みを上手く言語化できないときは、自己PRでよく利用されるキーワードを参照すると言葉にしやすくなります。

無料の適職診断サイトも強みの確認に役立つので、補助的な意味合いで利用してみるといいでしょう。

【強みを見つけるキーワード】

体力/忍耐力/継続力/協調性/チームワーク能力/素直さ/向上心/度胸/目標達成力/適応力/ストレス耐性/ルール遵守力/積極性/チャレンジ精神/行動力/責任感/課題発見力/情報収集力/創造力/発想力/文章力/ピンチ対処力/交渉力/説明力/論理的思考力/コスト意識/指導力/マネジメント力/先見力/リスクマネジメント/企画力/奉仕精神/人脈創造力/調整力/編集力/接客力/粘り強さ

(5)業界や職種について軽く調べてみる

行きたい会社が決まっていない場合には、本格的な自己分析前に、業界や職種について軽く調べてみることをおすすめします。

マイペースに企業研究がしたいのであれば、転職エージェントよりも、気軽に求人閲覧ができる転職サイトの方が便利でしょう。

リクナビNEXT

doda

もしかしたら「今の仕事以外できないよ……」と思っている人もいるかもしれませんが、自分の経験やスキルに他社で応用の効く部分があったり、世間的に需要があったりすれば、他業界・他職種への転職もできます。

自分が希望する条件に近い会社があるのかどうかも確認しながら、広い視野で新たな働き方を考えてみましょう。

自己分析のやり方について詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい

転職は人生でも重大な決断の一つです。でも、こんな悩みをずっと抱えていないでしょうか?・どんな仕事が向いているのかわからない......・自己分析したいけれど、どうやって進めたらいいの?・自分の強みやアピールポイントが知り[…]

【永久保存版】転職を成功に導く自己分析のやり方を完全解説

あわせて読みたい >> 【永久保存版】転職を成功に導く自己分析のやり方を完全解説

将来、なっていたい姿もイメージしてみる

自己分析では、過去・現在を振り返るだけでなく、未来をイメージすることも大切です。

今の時代は定年年齢も伸びており、企業によっては70歳まで働ける時代へと突入しました。

そのため、後悔のない人生を送りたいのであれば、若いうちから長期的なビジョンを持っておく必要があります。

将来、なっていたい自分像をイメージするときには、

収入、スキル、役職、地位、周囲への影響力、人間関係(知人・友人を含む)、健康、家族など、プライベートも含めた、多角的な視点でキャリアを考えてみるといいでしょう。

以下では、キャリアを考える際の質問例をご紹介します。

・10年後には、どんなスキルを得ていたいか?

・どんな思いを大切にして仕事していきたいか?

・60歳になったとき、どんなネットワークや交友関係を持っていたいか?

・周囲の人々からどんな人間と思われたいか?

・仕事でどんな功績を残したいか?

転職では企業に対して「何ができるか」を伝える必要がありますが、その企業もしくは仕事が自分の目標のどこに役立つのかも重要です。

3年後、5年後、10年後の目的が明確であるほど、キャリアに軸が感じられるようになり、人生も充実したものへと変化していくはずです。

まだ会社を辞めない方がいい人の特徴

会社を辞めると新たに得られるものもありますが、同時に失うものあります。

以下は、「まだ会社を辞めない方がいいかも」と思われる人の特徴です。

・迷っている人

・他社で活かせるスキルが身に付いてない人

・今後の生活計画がない人

・今の会社で不満が改善される可能性がある人

転職するかどうか迷っているときは、じっくり考えてから決断した方がいいでしょう。

そうしないと「前の会社の方が良かった……」と後悔しやすくなります。

あわせて読みたい >> 時間は戻ってこない!転職しようか迷ったときに決断へ導く7つの質問

また、転職は企業とのマッチング次第であるため、他社で活かせるスキルが身に付いているかも確認しておきたい点です。

例えば、問題解決力や計画力、マネジメント力、人間関係に関する力などは、ビジネス全般に共通するスキルといえます。

今の会社に不満がある場合には、人事課や上司に相談することで打開策が見つかる可能性もあるので、やれることをやってから転職を考えても遅くはありません。

自己分析は早めに着手する

本格的に転職活動をすると決めたときには、早めに自己分析に取り掛かるのがおすすめです。

質問によって内面を深く見つめ、自分の本質を知っていく作業は、思った以上に時間がかかります。

人によっては、自己分析をしなくても内定が取れるかもしれませんが、ここで真剣に自分と向き合っておかないと、将来「キャリアが積み上がっていない」「他社ならもっと評価されたのかな」など、モヤモヤした気持ちを抱えてしまうかもしれません。

一人では強みの整理やキャリアプランの設計が難しいなと感じるときは、有料キャリアカウンセリングなどの利用も検討しながら、自己分析を進めてみるといいでしょう。

【有料キャリアカウンセリング】

【マジキャリ】:20代、30代におすすめのキャリアコーチング。初回無料相談あり

【POSIWILL CAREER】:転職になかなか踏み出せない人におすすめ。無料相談あり。

まとめ

これから自己分析を始める人は、まず、なるべく答えやすい質問から始めてみると取り組みやすいでしょう。

「なぜ、転職したいのか」「転職で求めるものは何か」は、自己分析の入門であり、志望動機にも関係する質問です。

職務経験の棚卸しや強みの言語化などはやや難しい部分なので、少し自己分析に慣れてから行う方がストレスも少ないでしょう。

ご紹介した5つのステップが終わった後は、今後のビジョンについても考えてみてください。

長期的な視点を持つことで、「今、何をすべきか」「必要な経験やスキルは何なのか」など短期目標も設定しやすくなります。

自分への質問で、強みや大切にしている思いを明らかにして、やりがいのある仕事を手に入れてくださいね。