【転職したい】自己分析を始める前に知っておきたいポイントまとめ

【転職したい】自己分析を始める前に知っておきたいポイントまとめ

【転職したい】自己分析を始める前に知っておきたいポイントまとめ

自己分析とは、これまでの職務経験やエピソード、気持ちなどを探る作業です。

就活ではあまり自己分析しなかった人でも、転職では「自己分析しようかな」と考える人もいますよね?

転職では志望動機や自己PR、面接で、自分を採用する価値を企業に伝えなければならないため、転職したいのであれば自己分析は必須といえます。

そこで今回は、転職の自己分析を始める前に知っておきたいことについてご紹介します。

これまで公務員と民間企業を経験し、起業に向けて3年以上を自己分析に費やしてきた筆者が解説しますよ。

転職で自己分析が必要な理由

自己分析をするかどうか迷っている人は、まず自己分析が必要な理由について確認しておきましょう。

以下は、転職で自己分析が必要な主な理由です。

  • 後悔しない人生を歩むため
  • 企業とのミスマッチを避けるため
  • 志望動機や面接でのアピールに一貫性を持たせるため

転職における自己分析とは、自身の職務経験やスキル、感情などを整理する作業です。

目指す業界や企業に採用してもらうには、「どんな経験があって」「何ができるのか」を自分自身で理解していなければなりません。

そうしないと、企業に自分の価値やアピールポイントを伝えられないからです。

もし転職で自己分析が不足していた場合、本当は即戦力になる人材であったとしても、強みやできること、価値観などが面接で上手く伝えられず、不幸な結果で終わる可能性があります。

また、運良く採用されたとしても、労働環境や人間関係に不満を感じ、「こんなはずじゃなかった」と思うこともあるでしょう。

転職を成功させ、自分が望む人生に近づきたいのであれば、自己分析はぜひやっておきたい作業です。

あわせて読みたい >> 【転職で自己分析が必要な理由】短期間で終わらせる5つのポイント

自己分析をする5つのメリット

転職にあたって自己分析をすると、以下のようなメリットが得られます。

(1)志望動機・自己PRが書きやすくなる
(2)企業選びがラクになる
(3)自分を雇うメリットが企業に伝わる
(4)仕事のパフォーマンス向上
(5)本当の願望や価値観に気付ける

転職の自己分析では、過去・現在の職務経験やエピソードを振り返ります。
人によってはもしかしたら、志望動機や自己PRは自己分析をしなくても書けるかもしれません。
しかし、自己分析をした方が、話に深みや一貫性が生まれ、より説得力のあるアピールができるでしょう。
また、自己分析は多角的な視点で自分を見るきっかけにもなるので、「自分はこれしかできない」と思っていた場合でも、隠れた強みを発見できる可能性があります。
自身のアピールポイントが整理できれば、企業に自分を雇うメリットをきちんと伝えられる上、自分の強みを仕事で意識的に活用できるようになるはずです。

自己分析で磨かれるビジネススキル

自己分析は、ただ「自分の内面を知って終わり」という作業ではありません。

自己分析に時間をかけることで、磨かれていくビジネススキルもあります。

たとえば、以下のようなスキルです。

客観的な視点:多角的に物事を考える力
言語化能力:自分の主張や考えを伝える力
コネクティブ能力:別々のものを結びつける力
分析力:特定のデータから新たな情報を引き出す力

自己分析では、これまでの職務経験やエピソードをもとに、さまざまな角度から自分を見つめることになります。

仮に「自分はこんな性格だ」と思っていたとしても、仕事経験や実績・評価などを振り返ることで、「実はこんな面もあった」と客観的な視点で自分の魅力を再発見できるでしょう。

言語化能力は、話す・伝える・書くスキルであり、どんな仕事をするにしても必要不可欠です。

文章作成やプレゼン、商談など活かせる場面は、挙げればキリがありません。

コネクティブ能力は、2つ以上のものを結びつける力を指します。

転職では、自分と企業を結びつけ、いかに「私はあなたの会社に貢献できます」とアピールできるかが重要です。

自己分析で培ったコネクティブ能力は、アイデア出しや問題解決などビジネスのあらゆる場面で活躍します。

課題や原因を見つけるのに役立つ分析力は、仕事上の問題解決をサポートするスキルです。

自分の職務経験やエピソードを振り返り、「強み」「価値観」「やりたいこと」を発掘する作業は、まさに分析そのものです。

就職と転職における自己分析の違い

就職と転職とでは、企業が求めている人物像が異なるため、自己分析の取り組み方に違いがあります。

具体的には、以下の点で異なります。

【自己分析をする中心】
就活:子ども時代〜学生時代の経験・エピソード
転職:社会人としての仕事経験・エピソード

【採用のポイント】
就活:やる気や将来性
転職:即戦力
就活では仕事経験がまだないので、学生時代のエピソードしかアピールできません。
しかし、転職の場合は一定の仕事経験があるので、企業も仕事上で培った経験やスキル、成果などを期待しています。
この就活と転職の違いを理解していないと、自己分析で無駄な時間を使ってしまうだけでなく、企業が求めるものとは違う内容をアピールしてしまう可能性があるでしょう。
ただ、企業によっては中途採用でも即戦力より、やる気や将来性を重視することもあります。
私が未経験の保険営業に転職したときは、そんな感じでした。
就活でも転職でも、自分の経験や強みが「どのように企業で活かせるのか」を問われる点は同じですが、転職の方が、より現実的な視点で企業への貢献度や、やりたいことの実現性の高さが求められます。

自己分析を始めるタイミング【早い方がいい】

自己分析は、企業研究よりも先にやることをおすすめします。

なぜなら、自分が転職に求める条件や発揮できる能力が整理できていない状態で企業研究を始めると、調べる業界・職種の範囲が膨大になってしまうからです。

ただ、未経験分野へのチャレンジも考えている人だと、それだとやりにくいこともありますよね?

その場合は、世の中にはどんな業界や職種があるのか、軽く調べてから自己分析に入りましょう。

これまでの仕事経験やスキルに捉われることなく、視野を広げるという意味でも、自己分析前に少し業界や職種について調べるのはおすすめです。

「今の仕事以外でも、やれる仕事はないだろうか」
「もっと自分の能力を発揮したい」

と思うときにも、軽く業界・企業について調べてから、自己分析に望む方がイメージが湧きます。

自己分析はこれまでの職務経験やエピソード、感情を整理し、自分と向き合う作業なので、時間がかかる場合もあります。

本格的な業界・企業研究は後にして、できるだけ早めに取り掛かるようにするといいでしょう。

あわせて読みたい >> 時間は戻ってこない!転職しようか迷ったときに決断へ導く7つの質問

未経験への転職では、特に自己分析が重要

これまでの仕事とは違った仕事に就く場合には、自己分析が不可欠だと思っています。

面接官の気持ちになるとわかりますが、別業界・職種への転職の場合、「なぜ、この人はこの仕事に就きたいのだろう?」とほとんどの人は思うからです。

そのため、面接官を納得させるには、自分が未経験の分野に挑戦しようと思った動機や思いを、しっかりと自分の中で整理できていなければなりません。

そして転職の動機を整理した上で、自分の強みやできること、やりたいことをアピールする必要があります。

中には「今の仕事での経験なんて、他で活かせないよ」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

私が公務員を退職し、アウトドア専門学校への入学・卒業を経て、未経験の保険営業に転職したときは、「わかりやすく話せること」をアピールしました。

私は公務員時代も専門学校の頃も、子ども対象の仕事をしてきたのですが、そこでは簡潔で理解しやすい説明や言葉選びが必要でした。

人前で話す技術だけでなく、子どもの意見を聞いたり、気持ちを引き出したりする指導者としての経験もしています。

確かに保険営業の仕事は初めてでしたが、これらのスキルは営業でも活かせると考えたわけです。

未経験分野へのチャレンジの場合は、転職の成功率を上げるために自己理解を深めておくといいでしょう。

あわせて読みたい >> 【大丈夫】スキルがない人向けの転職対策と今始めるべき5つのこと

最初の自己分析は何からやればいい?

自己分析というと、自分史を書く、職務経験の棚卸し、性格診断などさまざまな作業があるので、何からやったらいいのか悩んでしまいますよね?

それにできれば、あまり余計な作業はしたくないのが本音です。

最初の自己分析としては、とりあえず以下の3ステップから始めてみるといいでしょう。

(1)転職したい理由

(2)自分が転職に求めるもの

(3)職務経験やエピソードの棚卸し

志望動機や面接に使えるかは別として、「なぜ、転職したいのか」は自分の中で知っておく必要があります。

場合によっては、怒りや不満などのネガティブな内容が、転職への高いモチベーションになることもあるので、思いつくままに書いてみましょう。

自分が転職に求めるものは、収入や人間関係、働き方などに関するものです。

「どんな仕事や働き方がいいのか」がわかっていると、企業とのミスマッチが避けられ、入社後に後悔しなくてすみます。

職務経験やエピソードについては、いわゆるキャリアの棚卸しです。

単にやった業務だけでなく、そのときの自分の行動や工夫、気持ちなども振り返ってみましょう。

あわせて読みたい >> 【初めての転職】自己分析は何からしたらいい?【簡単な質問から始める】

まとめ

転職では履歴書の作成や面接対策などやることがいくつもありますが、自己分析の一つです。

志望動機や自己PRに説得力を持たせ、企業に自分の価値をアピールするための作業は、転職を成功させるカギといえるでしょう。

特に未経験分野にチャレンジする人は、自己分析が不足したまま転職しようとすると面接官につっこまれたときに対応できず、苦しい思いをするはずです。

そんな失敗を避けるためにも、今一度、自分自身を振り返っておきましょう。

単に「転職できればいい」というだけでなく、「もっと自分の能力を発揮したい」「後悔のない人生を送りたい」と思うのであれば、多少時間はかかってでも、自己分析をする価値は十分にありますよ。