自己分析は本当に必要?メリット・デメリットを解説

自己分析は本当に必要?メリット・デメリットを解説

自己分析は本当に必要?メリット・デメリットを解説

自己分析はやったほうがいいことはわかっていても、少し面倒な作業なので「どうしようか」と悩んでいませんか?

そういう気持ちになってしまう原因には、「本当に自己分析って役に立つの?」という思いが心のどこかにあるからかもしれません。

でも、自己分析をやっている人といない人とでは、志望動機や面接での説得力に差が出るものです。

そこで今回は、自己分析のメリット・デメリットについてご紹介します。

公務員と民間企業の両方を経験し、現在のフリーランスになるまで、これまで多くの時間を自己分析に費やしてきた筆者が解説しますよ。

転職で自己分析をするメリット

自己分析とは、自分のキャリアや心の中を整理する作業です。

企業に自分の価値を知ってもらうには、まず自分自身が仕事経験や気持ちについて知っておかなくてはなりません。

そういった意味で、自分の内面を見つめる作業である自己分析が、転職で役に立たないはずがないのです。

以下では、自己分析のメリットについて5つご紹介します。

(1)志望動機・自己PRが書きやすくなる
(2)業界・企業が選びやすくなる
(3)自分を雇うメリットが企業に伝わる
(4)仕事のパフォーマンスが上がる
(5)本当の願望、価値観に気付ける

順番に解説していきますね。

(1)志望動機・自己PRが書きやすくなる

自己分析をすると、これまでの仕事経験や気持ちが整理できるため、志望動機や自己PRが書きやすくなります。

仕事で工夫したことや成果、自分が大切にしている思いなどがわかるので、強みや価値観を把握しやすくなるからです。

特に転職では即戦力の人材が求められるケースが多いため、「自分に何ができるのか」「自分の経験やスキルをどう企業に活かせるのか」は大事な視点です。

志望動機も自己PRの答えもすべては自分の中にあるので、自己分析をすることは実は遠回りに見えて、転職成功への近道であるといえます。

(2)業界・企業が選びやすくなる

未経験分野への転職を考えている人であれば、自己分析によって選ぶ業界や企業を絞れるでしょう。

自分の特性や能力に合った企業選びができれば、転職後に起こりやすい企業とのミスマッチも防げます。

たとえば、次の2人はどちらも、IT業界への転職を考えているとしましょう。

  • Aさん:多少雑でも、速く仕事をこなせるタイプ
  • Bさん:時間はかかるけれど、一つの仕事を確実に仕上げるのが得意なタイプ

Aさんは、多少雑でも速く仕事をこなせるタイプなので、変化が激しく、スピードが要求されるIT業界でも活躍できるかもしれません。

一方でBさんは、一つの仕事を確実に仕上げるのが得意なタイプです。

そのため、丁寧さよりもスピードが重視される業界では苦労する可能性があります。

これはあくまで例ですが、上記の場合、それでもBさんがIT業界を志望するのであれば、じっくりと仕事に取り組める会社を探すことになるでしょう。

自分の特性やアピールポイントを理解することで、マッチする業界・企業を探しやすくなります。

(3)自分を雇うメリットが企業に伝わる

転職では「私はあなたの企業に貢献できますよ」と、アピールできなければなりません。

自己分析は、そのアピール材料を発掘するための作業です。

職務経験やスキル、強みなどが整理できていれば、企業に自分を雇うメリットを的確に伝えられるでしょう。

特に未経験の分野に転職するのであれば、「この人は本当に役に立ってくれるのか」と企業は考えます。

そのため、別分野であっても活かせる能力・経験を、まずは自分自身で再確認しておく必要があります。

(4)仕事のパフォーマンスが上がる

自分の強みやできることを理解している人といない人では、仕事のパフォーマンスに差が出ます。

たとえば、100mを9秒台で走れるのに自分がその能力に気付かなければ、普通のサラリーマンをして一生を終える可能性があります。

しかし、自分が100mを9秒台で走れる能力を自覚していれば、意識的に練習したり、レースに出たりするので活躍の場は広がるでしょう。

仕事も同じです。

実はコミュニケーション能力に長けているのに、人に会わない仕事ばかりしているような人も世の中にはいます。

自己分析とは、そういった隠れた強みを見つけ出す作業でもあります。

自分を理解し、意識的に強みやできることを実践すれば、これまで以上に質の高い仕事ができるようになるでしょう。

(5)本当の願望、価値観に気付ける

転職における自己分析は、転職を成功させることが目的です。

でも、自己分析のメリットはそれだけではありません。

心の奥底にある本当の願望に気付けること、それが自己分析の最大のメリットといえるでしょう。

たとえば、自分史を作って、子ども時代から現在までのエピソードを振り返ったとします。

その中で、いくつかのエピソードに共通して「困っている人を助けたい」という願い・思いがあったとするならば、それは自分の価値観や本当の願望である可能性が高いといえます。

それはいわば「この方向に進めばいい」という自分の軸であり、人生の指針です。

本当の願望や価値観の発見は、仕事の枠を超えて、人生全体を豊かにするものだといえます。

デメリットは時間がかかること

正直、自己分析をするデメリットはあまりないのですが、強いて挙げるとすれば、時間がかかることですね。

自己分析のやり方にもよりますが、自分の性格や内面を見つめる作業は慣れていないとなかなか進みません。

キャリアを棚卸ししたり、さまざまな診断の質問に答えたりしていると、だんだんワケがわからなくなってくることさえあります。

ただ、覚えておきたいのは、転職の自己分析には「転職を成功させる」という明確なゴールがあるということです。

どんな方法でもやり方でもいいので、最終的に自分の強み(できること)や価値観、やりたいことを見つけ、企業面接を突破し、転職が成功すればいいわけです。

自己分析をする際は、

「この作業で何がわかるのか」
「今、自分は何を知りたいのか」

を意識して取り組むと、無駄な時間を割かずに済むでしょう。

何からやればいい?自分に問いかけたい3つの質問

ここまでで自己分析のメリットはお分かりになったかと思いますが、「じゃあ、何からやればいいの?」と思う人もいますよね。

そんな人は、自己分析の導入として、以下の質問を自分にしてみるといいでしょう。

1. なぜ、転職したいのか?(動機・心の整理)

なぜ、あなたは転職したいと思ったのでしょうか?

その理由を整理してみましょう。

転職の理由は、「スキルアップ」などポジティブなものであれば志望動機にも使えますが、「上司がムカつく」「収入が低い」「人間関係がイヤ」などネガティブな理由でも構いません。

なぜなら、この質問の目的は、自分の心の中を整理することだからです。

ネガティブな理由であれば、それを転職先で繰り返さないようにすることも目的です。

収入に不満がある場合には、自分の経験やスキルを振り返り、その能力を活かすことで、より自分を高く評価してくれる会社を探すことになるでしょう。

人間関係に不満があるのであれば、たとえ未経験の業界でもアットホームに働ける会社を探すのがいいかもしれません。

「なぜ、転職したいのか」の答えは、人によっては志望動機や面接に直接使えないかもしれませんが、自分に合った企業選びや転職のモチベーション維持にこの質問は役立ちます。

2. 転職で自分が求めるものは?(働き方)

上記1の質問ともリンクしますが、あなたが転職で求めるものは何でしょうか?

・高収入
・ギスギスしない人間関係
・マイペースでできる
・やりがい
・残業なし
・仕事と家庭との両立
・変化や刺激があること

など、転職したいと思った理由と合わせて、自分が求めるものを自由に書き出してみましょう。

一通り書き終えたら、書き出した項目に優先順位をつけます。

求めるものがすぐに浮かばない場合は、「これだけはやりたくないこと(例:毎日同じ作業など)」から考えるのもおすすめです。

自分が仕事に求めるものを理解していないと、転職で失敗する可能性が高まるので、一度振り返っておきましょう。

3. どんな職務経験やエピソードがあるか?(強みや価値観を見つける)

あなたがこれまで経験してきた仕事には、どんなものがあるでしょう?

過去・現在の職務経験の中には、あなたの強みやできること、価値観が隠れています。

職務経験を書くときは単に「訪問営業を3年した」「チームで企画開発をした」だけでなく、自分の行動や工夫も一緒に振り返ります。

なぜなら、その自分の行動や工夫の中にこそ、企業が知りたい、あなたの強みがあるからです。

その職務経験から学んだことや成果(実績や評価)も、企業へのアピールポイントになります。

職務経験やエピソードを棚卸しするときは、まず印象に残っている経験から書き出していくとスムーズにいきやすいですよ。

まとめ

自己分析を上手く活かせると、企業に自分の価値を効果的にアピールできます。

自己分析をするメリットとしては、志望動機や自己PRが書きやすくなること、自分を雇うメリットが企業に伝わりやすくなることなどがあります。

心の奥底にある、自分の本当の願望や価値観にも気付けるので、トータルで人生が豊かになっていくはずです。

自己分析の目的は、強みや価値観、やりたいことを見つけることですが、時間がかかる可能性もあるので、早めに着手しておくのがいいでしょう。

「なぜ、転職したいのか」「自分が求めるものは何か」など心の中を整理しつつ、これまでの職務経験やスキルの棚卸しをしてみてくださいね。